BEMSがエコになる|経費を抑える新常識

基板外注で工程を合理化

基盤

高度な設計と動作検証が求められるプリント基板を自社で製造している企業は、工程への負担と品質の不安定に悩まされています。専門メーカーにプリント基板を外注することで基板の品質も安定し、製造工程も合理化されるものです。プリント基板メーカーを利用することで、高度な最新技術も自社製品に導入することができます。

基板は試作が大切

人形

プリント基板は回路を熟知した技術者に試作をしてもらう事が大切です。思い通りの出来栄えに仕上がらずに再設計ということにもなりかねません。そのようにならないためには、確かな実績のある業者に試作の段階から依頼することが大事です。

ビル管理の新手法

作業員

ビル管理の新手法の使い方

今までビルのいろんな設備を管理する方法は、ビルごとに違ったものを用意する必要があり、設備投資額が比較的高くなっていたのです。こうした中でビル自体のエネルギー効率を高めることを目的として、ひとつの考え方で運用することが新しく出てきたのです。この新しい考え方をBEMS(ビルエネルギー管理システム)と言い、ビルの機器や設備などを管理することで、エネルギー消費量を削減するようになります。BEMSはビルが竣工してからの運用面に注目したシステムであり、日々運用をしていく中でのエネルギー消費量を見えるようにすることから始まります。これらはビルの施工時に各所にセンサーを設置して、そのセンサーをネットワークで接続することにより、集中管理するものになります。ビルの管理システムでは、BEMS向けに作られた管理画面をもとに、ビルの状況を把握して必要に応じて電力消費を抑えたりすることができます。これらの管理画面は、大抵PC上で行うことができ、マウス操作をもとにグラフィカルな画面で操作することで、だれでも容易にコントロールすることが可能です。またこれらは汎用的なものになりますので、PCが故障した時にも代わりのPCを持ってきて、ソフトを入れるだけで、再び使うことができるのです。このようにBEMSは時代の求めによって誕生した仕組みでありながら、操作方法が簡単という利点があるので、今後も導入されるビルが多くなっていくのです。

基板の試作や量産

基盤

プリント基板の製作を業者に依頼する際のポイントは、製作する電子機器に必要な性能を持ったプリント基板を入手することが重要という点です。基板の性能は電子機器によってまったく異なるので、半田ごてなどで自分で作るよりも、専門業者に依頼した方が楽というメリットがあります。